青空の下の机

旅をして、写真を撮って、生まれた想いを小説に籠める。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

人情とは

お久しぶりです。

ここ最近、
淡々と小説をあげるだけの更新が続いていたので、
なんだか素っ気無いなと思って日記のほうを投稿しました(笑)

最近ようやく暇ができたので、
昔の作品を読み返してみたり。
そして昔のほうが表現がよかったりしてガッカリ……


なんだか最近の小説は難いんですよ。
論理的で具体的で、味気がない。

それは大学で理系の技能が身についた証拠なのでしょうが、
僕には悪化しているように思えて仕方がありません。

論理的に物事を考える方たちの意見は真意を突いているようで面白いのですが、
一般論、人間味、感情、
大切なものを疎かにしているのが、辛く寂しい。
まるでロボットと会話しているような。

「人情」という言葉をタイトルにしました。
さっとネットで辞書をひいたのですが、

人間が本来もっている人間らしい感情。特に,人に対する思いやりやいつくしみの心。 by Weblio辞書

だそうです。

人に対する思いやり。
それが抜けた人は、それはそれで魅力のある人間なのですが、
接していても大切にされていない気持ちが湧いてきて、
自然と自分自身から人を大切にしようという気持ちになれなくなるのでしょう。
だから、その人を大切にしたいとは思えなくなる。

そうやって人情を失い、
「思いやりのない人ね」「私の気持ちをわかってほしい」とお互いを罵り合う。
こういうものはまず自分から相手の気持ちを考えてみること。

それが人情を生み、お互いが人として尊重し合える一歩なのかなと、感じました。


はじめから自分のことしか考えていない人はまた別の話なのでしょうが。
スポンサーサイト
  1. 2015/05/19(火) 21:31:51|
  2. Diary -日記-
  3. | コメント:0

もうすぐ卒業式。

楽しみ半分、切なさ半分。

高校生は三月一日が卒業式だそうで、
あっという間にその日が私のもとに訪れて来ました。明後日です。

センター入試が終わってから、ずっと自由登校(という名の休み)に入っていたので、
とても有意義な時を過ごしたと思います。


旅もしました。写真も撮りました。そのため更新頻度も少し上がりました。
昼間に更新できるのが何よりも更新頻度が上がった理由ですが。


卒業式が終わった次の日は、中学の友達と遊びに行きます。

そう、あの友達です。戦車の置物(※実話)で悪ふざけをした連中です。

若干メンバーの変化はありますが、相変わらず交流は絶えてません。

あまり馴れ合いをしない自分の性格から考えると、凄いことです。

今回も、遊園地に行く予定でしたが、
お金がないとの報告が来たので、
現在模索中です……

別に遊園地の入場料のお金がないわけでなはいそうですが、
田舎に住んでいる僕たちにとって、
交通費が何よりも出費です。
  1. 2014/02/27(木) 12:10:02|
  2. Diary -日記-
  3. | コメント:0

更新方法の変更のお知らせ

写真の更新の仕方を少し変えてみました。

というのも、あまりにも消化しきれないほどの写真がたまってきたので……

同じ日にちに撮ったもの、且つ同じテーマのものは、

一つの記事にまとめることに。



あまりにもその数が多い場合は追記形式にしましたので、

【続きを読む】をクリックしていただけると嬉しいです。


案外、掘り出しものが見つかるかもしれませんよ。
  1. 2014/02/15(土) 09:56:22|
  2. Diary -日記-
  3. | コメント:0

私は泣く泣くその地を離れた。

つらいです。
何かと、色々と、辛い時期です。

いよいよセンターまで数ヵ月。
皆勉強に集中するあまり、会話が素っ気ないのです。

卒業までもう見えるところまで歩きました。
私も勉強に意識を集中しないといけないのに、

本当馬鹿みたいに人との関係に気をとられて、
何とかしようとするけど空回りして、
挙げ句の果てには自らそれを壊してしまって……


「大切なものほど近づきすぎてはいけない」
前に投稿した短編小説でもそれをテーマにしたのがあります。
今の私にはこの言葉が一番必要なのかもしれません。
今、自分の楽しく過ごしたいというエゴが周りの人に迷惑をかけている。その結果、受験に失敗してその人を傷付けてしまう。
そんなオチが目に浮かびます。

はぁ……、やはり今は距離をおくべきなのでしょうか。


些細なことでいちいち気にしてはいけないんですよね。
それは重々承知なのですが。
  1. 2013/11/16(土) 20:57:50|
  2. Diary -日記-
  3. | コメント:0

冬も曙

お久しぶりです。

前回から大分放置してしまいましたが、受験勉強で手一杯でしたので、ご勘弁を。

もう11月ということで久々に更新してみました

いやー、早いですね。季節の移ろいは。
もう冬がそばにまで近寄ってきています。
その証拠に……朝が寒い……

布団から脱け出そうにも、冷気と共に吸い込まれてしまいます。(^^;

でも、学校もありますので、渋々でることに。
最近、
なるべく早めに通学しています。
あ、学校が大好きだからとかじゃないですよ。
むしろ、嫌いな方です。(笑)

それでも早くいくのは、もう11月だからです。
あと数ヵ月で、
私は卒業してしまいます。
しかも、
残りの2ヵ月は出席欠席が自由なので、
もう周りの同級生と顔をあわせる機会があまりないのです……

卒業までのこの期間、
せめて、みんなと笑っていきたい。
そう思いつつも、心の片隅には、
いつか別れるという、不安と哀愁が潜んでいます。
そんな感情を抱いて、僕は学校へ毎日足を運ばせてます。

あ、そうそう、
朝早くに通学していると、
目の前の空が曙色に染まっています。
太陽の色と夜の色が混ざりあって、本当に綺麗ですよね。
まるで、楽しさと寂しさが入り交じっているのかのように。

ひょっとしたら、そんな感情が一番美しく感じるのかもしれません。
  1. 2013/11/02(土) 07:14:49|
  2. Diary -日記-
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

矢口鳥居

Author:矢口鳥居
愉快な、
不快な、
爽快な、
痛快な、
欣快な……
そんなお話がここにあります。
多分。

最新記事

カテゴリ

Novels -小説- (23)
┣紅いバラ (8)
┣超能力、売ります、買います。 (6)
Photos -写真- (12)
Movies -映画- (2)
Diary -日記- (25)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
現在の閲覧者数: