青空の下の机

旅をして、写真を撮って、生まれた想いを小説に籠める。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

超能力、売ります、買います。(6)

 *****

 最初の発見者はある自警団だ。
 ここら辺はお世辞にも治安が良いとは言えず、夜遅くに出掛けるのは自殺行為と同等だ。警察だけでは手に負えず、平和を守るという名目で数年前に別の組織が結成された。自分たちがちゃんと機能していない以上、市民の不満を買えない警察も暗黙のうちにその立ち上げを認めている。
正義感溢れるお方がその団体に志願し、数人グループで街を徘徊する。
 ちなみに、その組織にも色々噂が飛び交っているが、今回は割愛しよう。

 十月、上弦の月の夜だった。
 廃工場地帯。もう数十年も稼働していない工場は錆びが生じ、今にも崩壊しそうだ。寂れ街灯も少ないここは、まさに犯罪の温床。自警団はそのような場所を活動の拠点としている。
その晩は珍しく何の事件も起こらず、辺りは秋の虫の音と彼らの足音が響く。

 一人があるものに気付く。
工場のタンクの上、大きな物体がもぞもぞと動いていた。
 正体不明の何かに皆が注目する。
 すると、黒い塊から何か丸い物が転がり落ちた。
不審に思った彼らは懐中電灯で雑草まみれの地面を照らし、工場の敷地内へと走り出す。
その正体を暴くために。

 何かを見つけ、悲鳴を上げる。

 首だ。
 髪の長い女性の首が、足元に転がっていた。
 頬の肉は引き裂かれ、口が大きく見える。髪はべったりと濡れていて、片目は抉りだされ節穴となっていた。
 それが、一つだけではなかった。
 老若男女、さらに犬猫の動物を問わず、自警団の周りから、次々と頭部が発見された。
 流石の彼らもざわめき始める。
 しかし一番の問題がまだ残っている。
 タンクの上には、何かがいる。
 その人たちは恐る恐る上を見上げた。
 そこには半分の月の光により映し出された、三つ又の首を持つ犬の影。
じっと、こちらを見ていた。



続く
  1. 2013/01/17(木) 20:41:01|
  2. ┣超能力、売ります、買います。
  3. | コメント:0
<<問題まみれ | ホーム | 夢の先>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

矢口鳥居

Author:矢口鳥居
愉快な、
不快な、
爽快な、
痛快な、
欣快な……
そんなお話がここにあります。
多分。

最新記事

カテゴリ

Novels -小説- (23)
┣紅いバラ (8)
┣超能力、売ります、買います。 (6)
Photos -写真- (12)
Movies -映画- (2)
Diary -日記- (25)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
現在の閲覧者数: