青空の下の机

旅をして、写真を撮って、生まれた想いを小説に籠める。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

私は泣く泣くその地を離れた。

つらいです。
何かと、色々と、辛い時期です。

いよいよセンターまで数ヵ月。
皆勉強に集中するあまり、会話が素っ気ないのです。

卒業までもう見えるところまで歩きました。
私も勉強に意識を集中しないといけないのに、

本当馬鹿みたいに人との関係に気をとられて、
何とかしようとするけど空回りして、
挙げ句の果てには自らそれを壊してしまって……


「大切なものほど近づきすぎてはいけない」
前に投稿した短編小説でもそれをテーマにしたのがあります。
今の私にはこの言葉が一番必要なのかもしれません。
今、自分の楽しく過ごしたいというエゴが周りの人に迷惑をかけている。その結果、受験に失敗してその人を傷付けてしまう。
そんなオチが目に浮かびます。

はぁ……、やはり今は距離をおくべきなのでしょうか。


些細なことでいちいち気にしてはいけないんですよね。
それは重々承知なのですが。
  1. 2013/11/16(土) 20:57:50|
  2. Diary -日記-
  3. | コメント:0
<<遺書風年賀状 | ホーム | 冬も曙>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

矢口鳥居

Author:矢口鳥居
愉快な、
不快な、
爽快な、
痛快な、
欣快な……
そんなお話がここにあります。
多分。

最新記事

カテゴリ

Novels -小説- (23)
┣紅いバラ (8)
┣超能力、売ります、買います。 (6)
Photos -写真- (12)
Movies -映画- (2)
Diary -日記- (25)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
現在の閲覧者数: