青空の下の机

旅をして、写真を撮って、生まれた想いを小説に籠める。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

掌編小説:マラソン

「なぁ、最後まで一緒に走ろうぜ」
 柔軟体操をしているときに、僕はそう声をかけられた。
 僕の友人、ケンちゃんは幼馴染だ。幼稚園の頃からよく遊んで、よく喧嘩をして、よく仲直りして、よく励ましあい、よく一緒にいて。学級が上がり、クラス替えで同じクラスになると、二人して喜んだ記憶もある。
 今日は小学校最後のマラソン大会。生徒は川の傍にある校庭に集合していた。マラソンを喜ぶ者と文句を言う者がいた。
 僕とケンちゃんは後者の方だった。僕は足に自信はあるが、体力があまりない。加えて去年のマラソン大会で具合を悪くしたこともあって、今年はあまり乗り気ではなかった。
 だから、冒頭のケンちゃんの言葉に賛同した。お互い似た者同士、会話を交えながら仲良く並走していこうと思った。
 2月の霞んだ景色の中、鮮やかな体操服を着た皆が白いラインの内側に並ぶ。
 先生の合図を皮切りに皆が走り出す。僕とケンちゃんは少し遅れてから出発した。
 やがて校庭を抜けて、自然堤防の上の道を走り出す。
 道はまっすぐと伸びていて寄り道のしようがなかった。田舎のために周りは自然風景がそのまま残されていた。舗装されてないゆえに、荒い砂利道が走る者たちの体力を削る。
 二人は予定通り駄弁りながら走った。歩を緩めると先生に怒られるため、飽くまで僕たちはスピードを落とさなかった。
「……なぁ、中学に入ったら部活に何するん?」
 その中で、ケンちゃんとそんな話もした。
 私とケンちゃんは別の中学校に入学することになる。そのため、学校生活を共に過ごすのは今年で最後。もう、一ヵ月もないのだ。
「うーん、まだ考えてない」
「じゃあ、いっしょにバスケしようぜ。そうしたら試合とかでまた会えるやろうし」
「バスケかぁ……」
 僕は考え込んだ。確かにケンちゃんと会えることは嬉しい。中学校でもまた、仲良くしていきたかった。
 しかしよく分からない、何かが、僕の心に引っ掛かった。
 特に行きたい部活もない。何よりも中学校でも仲良くしたい。
 だからといって、それでいいのか、と。
 僕は複雑な気持ちのまま走り続けた。やがて二人の会話はなくなっていき走ることで精いっぱいだった。吐く息が苦く辛かったが、隣にいるケンちゃんはもっと辛そうな表情を浮かべていた。
 だけど足だけは軽やかで、このままどこまでもいけそうだった。おそらく自分のペースで走れてないからだ。かえって疲れやすくなってしまっていたのだろう。
 吐く息と頭の中は真っ白になっていく。さっきの会話のせいなのか、死ぬわけでもないのに走馬灯のようなものを見た。

 いままで共に過ごしてきた友達。
 彼は成績が悪くて、少し鈍くて、ぶっきら棒で、だけど優しくて頼りがいがあって……
 彼とは色々なことを話した。もちろん将来の夢について語ったこともある。
 彼は自動車関係に、僕は研究に勤めたいと思っている。
 ――将来。
 そこには傍にケンちゃんはいない。数か月後の未来でさえいないのだ。
 このままでいいのか分からない。ただ、友人の都合にあわせた日々を繰り返していたら、ダメな気がした。
 周りに合わせてはいけない。自分のやりたいことをやるために頑張らなくてはいけないんだ――

 ここで目が覚めた。気がつくとマラソンは折り返し地点を迎えて、あとは校庭に戻るだけだった。
 ケンちゃんは僕の背中側にいた。そろそろ限界なのだろう。僕もわき腹に染みこむような痛みを感じ、そろそろ我慢できなかった。
 躊躇いはなかったわけではない。けど、僕はケンちゃんに言った。
「ごめんね、先にいってる」
 少しだけ肩が軽くなった気がした。ぐんぐんと僕とケンちゃんの差が開いていく。しばらくしてから後ろを振り向いたが、そこには友人の姿はなかった。
 結局僕は先にゴールした。疲れ果ててたから時間の感覚は無かったが、ケンちゃんが到着したのはかなり後だったはずだ。

 小学校の卒業式が終わり、家族と親戚の家をまわり、それが終わるとすぐに中学校の入学式と、ケンちゃんと会う機会があまりないまま、時が経った。
 やがて音沙汰がなくなった。近況が全く分からずに、一年、三年、五年、そして高校の卒業式が過ぎていった。
 僕は志望の大学に合格し、今のところは自分の道を突き進めている。砂利道を進むように辛くはあるけど、自分なりの努力をしていた。
 受験勉強から解放されて心に余裕ができると、ふとこんなことが頭に浮かんだ。
 彼は今、どうしているのだろうか。
 置いていってしまった旧友のことを想うと胸が痛くなる。あのまま並走していればよかったのか、それとも無理してまで僕のペースに合わせてもらったらよかったのか。それは分からない。
 ただ、あのときから僕ら二人の道は重なっていなかったのだ、ということだけは理解している。



以下、あとがき
「人生はマラソン」

度々見かける、月並みな表現です。

私が思うに、人生はマラソンみたいに皆が同じ道を走るのではない気がします。

共感できる点と言えば、途中でリタイアすることもできることと、

誰もが真剣に取り組むとは限らないことですかね。
  1. 2014/10/05(日) 22:35:45|
  2. Novels -小説-
  3. | コメント:0
<<掌編小説:苦悩 | ホーム | 更新停止?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

矢口鳥居

Author:矢口鳥居
愉快な、
不快な、
爽快な、
痛快な、
欣快な……
そんなお話がここにあります。
多分。

最新記事

カテゴリ

Novels -小説- (23)
┣紅いバラ (8)
┣超能力、売ります、買います。 (6)
Photos -写真- (12)
Movies -映画- (2)
Diary -日記- (25)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
現在の閲覧者数: