青空の下の机

旅をして、写真を撮って、生まれた想いを小説に籠める。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

掌編小説:人のいない場所

年末に私はバイクに跨がり、とある場所へ向かった。
そこは大きな沼のそばにある遊園地。しかし稼ぎ時という時期に反して、そこは人がいない、異様なほどに閑散とした光景だった。
それもそのはず、そこは2000年に閉園した廃墟。某大手テーマパークで客足が遠退いて、やむを得ず門を閉ざすことになった遊園地であった。
そこは草が伸びっぱなし、観覧車は錆を帯び、看板は地面に倒れこんでいる。
私はカメラ片手に散歩していた。すると、廃遊園地の看板の裏から女性の顔がひょこっと現れた。
相手も目をぎょっとさせて驚いた様子だった。

何をしているのか気になり看板の裏側をのぞいてみると、ビニールと毛布で作られた、膝ほどもない小さな小屋があった。
小屋というにはみすぼらしい、非常に簡素なものだ。
女性に訪ねてみる、
「何をしているのですか?」と。
すると女性は手を休めず、
「猫のための寝床を作ってるんですよ」
と応えてくれた。
「そこに2匹いるんだけどね、大きい子はもう何年も冬を越してるから大丈夫なんだけど、小ちゃい子は今年捨てられて初めての冬なのよ。寒さに耐えられるか分からなくて......」
よく見ると奥の木陰に2匹の白猫が、首を低くしこちらの様子を伺っている。
小さい猫はひっきりなしにないていて、こちらに近寄るかどうか足をそわそわさせていた。
折角のご縁ということで私に何かできないか訊いたが、「大丈夫だよ」と返されてしまった。でも私は特に当てもないので、しばらくそこにいることにした。

しばらくすると、小さい猫が私の側を行ったり来たりし始めた。私のことを害のない人間と認識してくれたのだと思う。
試しに写真を撮れないかカメラを近づけたら、興味津々で寄ってきた。よっぽどカメラが珍しかったのだろう。
普通、捨て猫や捨て犬は、捨てられた恐怖で人間に対して非常に警戒心を抱くものだが、その子は短時間で僕にすり寄り、一時間も経たずしてお腹をみせるほど慕ってくれた。

その姿に胸を締め付けられる。
人間に裏切られ捨てられても、なお人間である私を信じてくれてるんだな......と。
ただ何も言うことができず、ただひたすらにその子の頭を撫でた。

やがて小屋が完成すると女性は帰路につき、その場には私と2匹の捨て猫だけが残った。
こんなになつかれても、私もいつかは自分の家に帰らないといけない。
それはこの猫にとってはまた捨てられたと思わせてしまうだろう。そう考えれば考えるほど、その場を離れるのが苦しくなる。

日も大分暮れ、本当に帰らなければならなくなってきてしまった。別れを惜しみつつも私は立ち上がりその場を後にした。そのときのかすれた鳴き声が忘れられない......

後に調べたところによると、その遊園地は再建を望む者が現れるのを、今も待ち続けているそうだ。
この猫達もどうか生きる希望を捨てないでほしい。彼らがまた人と共に過ごせる日が訪れることを願い、私は人に捨てられた土地を去りました。


以下、あとがき
何か新しいものができたら、人はそっちに移ろい、

古きものは廃れてしまう。

商店街にしろ、テーマパークにしろ、
それが世の常ってやつですが、

そういった場所とはどこか、訴えてくる姿が、
物寂しい。
  1. 2016/02/24(水) 11:15:17|
  2. Novels -小説-
  3. | コメント:0
<<短編小説:FOG-GET MY OWN WAY | ホーム | 掌編小説:偽りの鏡>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

矢口鳥居

Author:矢口鳥居
愉快な、
不快な、
爽快な、
痛快な、
欣快な……
そんなお話がここにあります。
多分。

最新記事

カテゴリ

Novels -小説- (23)
┣紅いバラ (8)
┣超能力、売ります、買います。 (6)
Photos -写真- (12)
Movies -映画- (2)
Diary -日記- (25)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
現在の閲覧者数: