青空の下の机

旅をして、写真を撮って、生まれた想いを小説に籠める。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

掌編小説:ボトルシップ

小さい頃に一度だけ、ボトルシップを作ったことがある。
小学校の夏休み。私は自由研究を何にしようか決めかねないままお盆を迎えていた。
お爺ちゃんの家にいったとき、ある日お爺ちゃんは私に何か板のようなものと、膨らみの大きいビンを渡した。板には切り込みがあって手で簡単に外せるようになっていた。
「お前、暇ならこれでも作ってみろ」
お爺ちゃんはそれっきり何も喋らず、縁側に座り込んで新聞とにらみあっていた。
渡されたとき、これがなんなのか分からなかった。ボトルシップなんて馴染みがなかったし、工作には興味がないから、最初はこっそりと捨てようかなとか考えていた。
だけど、これを作れば夏休みの自由研究になるんじゃないかと閃いて、手をつけることにした。
そう、甘く考えていた。
ピンセットの扱いに慣れるまでひーひー弱音を吐いた。指よりも小さな部品を組み立てる、繊細な作業に神経を衰弱させた。夏の暑さも相重なって滝のような汗をかいた。簡単ではないことは分かっていたが、ここまで辛いものだとも思っていなかった。
ふと顔をあげると、縁側からお爺ちゃんがこちらの様子を伺っていた。
「調子はどうだ」
そう告げると再び視線を新聞のほうにむけた。
お爺ちゃんはいつもこんな感じだった。いつも私の返事を待ってはくれない。伝えるだけ伝えたら、後は自分の世界に籠ってしまう。
でもそんなお爺ちゃんを別段嫌いになることもなかった。

「できた……」
少し歪になった船が、ボトルの中に佇んでいる。水だと明らかに船底から浸水しそうだったから代わりに砂を敷き詰めた。砂漠に取り残された船のような、幻想的な風景がボトルの中に写し出されていた。
「楽しめたか」
気がつくと、お爺ちゃんが脇からボトルシップを覗きこんでいた。まじまじと見られているようで少し気恥ずかしかった。
「うん。難しかったけど……」
「……そうか」
そう言うと、そっと私の頭に手をおいた。初めてのことに何をされたのか、一瞬気づかなかった。
お爺ちゃんの手のひらから、ほのかな温もりが伝わった。

あれから何年たったときだろうか。お爺ちゃんは急に倒れこんで入院することになった。
医者と親の会話から、お爺ちゃんはもう長くはないことを悟った。
お爺ちゃんはずっと目をつぶっていた。それが不思議と違和感を感じず、前からずっと眠っていたかのように感じられた。

親が言うには、昔のお爺ちゃんはこんなに無口じゃなかったらしい。むしろ社交的で明るい性格だったそうだ。
だけど年を取り、私のお婆ちゃん、自分の妻に先立たれてから、突然自分の殻に籠るようになったらしい。まるで誰とも関わりたくないように。お爺ちゃんは口を閉ざしていた。

お爺ちゃんはそのまま、目を開けることはなかった。
お爺ちゃんが私に返事をしてくれたのはあの時だけだった。特別な出来事ではないけど、私の心に深く印象づけられた。
葬儀の後、私は部屋の押し入れを漁った。中から埃を被ったボトルがでてきた。
そっと埃を拭うと、そこにはあの時と変わらない姿があった。水を入れなかったおかげなのか、船は朽ちることなくビンの中に映えていた。
  1. 2015/03/11(水) 18:58:07|
  2. Novels -小説-
  3. | コメント:0

掌編小説:苦悩

私は常に追われる日々を送っている。
去年は高校受験だった。その前は親の離婚騒動、さらにその前は友人の自殺――
悩みがない日々なんて、殆どなかった。
身の回りには問題が次々と飛び交い、私はそれに振り回される。

自分でも判っていた。だけど、周りが起こした種は、環境と時間が解決してくれると。
判っていた。自分では、何もできやしないんだって。

高校に入学して、私はふと一人になることが多くなった気がする。図書館で借りてきた本を休み時間に一読し、放課後に駄弁ることなく帰宅。家に着いたら、自分の部屋に籠っては自主学習に励み、疲れたら布団に入って眠り込んだ。悩んでいた時とは違って、寝心地がいい。

ある日、こんな夢を見た。
私はクラスの中心的存在。学級委員長で、男女問わず好かれていた。彼氏とは仲睦まじく、長期休暇にはアルバイトに一汗を流していた。
そんな日常が続く。強くは求めてなかったが、私には理想的な生活だった。
丸一年を過ぎた辺りで、私は目を覚ました。朝日がカーテン越しに部屋に入り込む。夢はあっという間に終わった。ひどく呆気なかった。
求めてなかったが――
いや、あんな人生を謳歌したい。

その日から、私の考えは変わった気がする。
進んで行事に参加して人脈を作り、明るい性格を演じた。その内、向こうから告白がやってきて、初めて異性と付き合うようになった。私には夢のような毎日だった。悩みがないどころか、むしろ幸せを噛み締めていた。
冬休みのアルバイトの採用通知が届くと同時に、とんでもない言葉が私を襲った。
「別れてくれないか?」

恋人からの一言だった。彼のことが大好きだったし、何よりも失いたくない存在だったから、どうにか引き留めようと必死になった。
しかし、別れの理由は、「他に好きな人ができた」。私にはどうすることもできなかった。
彼との別れを境に、眠れない夜が多くなった、睡眠不足のせいで授業に集中できない。彼の代わりになる存在は見つからず、次第に友人関係にも支障がでてきた。私と距離を置くようになり、後に陰口を叩かれるようになった。

私は悩みの絶えない日常に戻ってきた。そして、一つ確信したことがあった。
私はあの時、無意識に悩みから逃げていたのだ。特に人間関係。私は独りでいることで、対人の悩みから解放されようとなっていたのだ。
悩みは今までと違って苦痛に感じた。この世の終わりのような気持ちだった。そして、私は学校を行くのをやめた。私の部屋に籠ることで、人との関わりを完全に絶っていた。
それでも悩みはなくならなかった。それどころか私の身体を蝕むように毒されていった。
そのまま消えてなくなりたい。そう思い始めたときには、もう遅かった。
二階の窓から身を乗り出した。そのままコンクリートの床へと吸い込まれるように堕ちていき、首の骨を折った。

これで、私の人生を終わりにすることにした。
悩みから逃げるために。苦痛から解放されるように――



以下、あとがき 続きを読む
  1. 2015/02/15(日) 18:56:56|
  2. Novels -小説-
  3. | コメント:0

掌編小説:マラソン

「なぁ、最後まで一緒に走ろうぜ」
 柔軟体操をしているときに、僕はそう声をかけられた。
 僕の友人、ケンちゃんは幼馴染だ。幼稚園の頃からよく遊んで、よく喧嘩をして、よく仲直りして、よく励ましあい、よく一緒にいて。学級が上がり、クラス替えで同じクラスになると、二人して喜んだ記憶もある。
 今日は小学校最後のマラソン大会。生徒は川の傍にある校庭に集合していた。マラソンを喜ぶ者と文句を言う者がいた。
 僕とケンちゃんは後者の方だった。僕は足に自信はあるが、体力があまりない。加えて去年のマラソン大会で具合を悪くしたこともあって、今年はあまり乗り気ではなかった。
 だから、冒頭のケンちゃんの言葉に賛同した。お互い似た者同士、会話を交えながら仲良く並走していこうと思った。
 2月の霞んだ景色の中、鮮やかな体操服を着た皆が白いラインの内側に並ぶ。
 先生の合図を皮切りに皆が走り出す。僕とケンちゃんは少し遅れてから出発した。
 やがて校庭を抜けて、自然堤防の上の道を走り出す。
 道はまっすぐと伸びていて寄り道のしようがなかった。田舎のために周りは自然風景がそのまま残されていた。舗装されてないゆえに、荒い砂利道が走る者たちの体力を削る。
 二人は予定通り駄弁りながら走った。歩を緩めると先生に怒られるため、飽くまで僕たちはスピードを落とさなかった。
「……なぁ、中学に入ったら部活に何するん?」
 その中で、ケンちゃんとそんな話もした。
 私とケンちゃんは別の中学校に入学することになる。そのため、学校生活を共に過ごすのは今年で最後。もう、一ヵ月もないのだ。
「うーん、まだ考えてない」
「じゃあ、いっしょにバスケしようぜ。そうしたら試合とかでまた会えるやろうし」
「バスケかぁ……」
 僕は考え込んだ。確かにケンちゃんと会えることは嬉しい。中学校でもまた、仲良くしていきたかった。
 しかしよく分からない、何かが、僕の心に引っ掛かった。
 特に行きたい部活もない。何よりも中学校でも仲良くしたい。
 だからといって、それでいいのか、と。
 僕は複雑な気持ちのまま走り続けた。やがて二人の会話はなくなっていき走ることで精いっぱいだった。吐く息が苦く辛かったが、隣にいるケンちゃんはもっと辛そうな表情を浮かべていた。
 だけど足だけは軽やかで、このままどこまでもいけそうだった。おそらく自分のペースで走れてないからだ。かえって疲れやすくなってしまっていたのだろう。
 吐く息と頭の中は真っ白になっていく。さっきの会話のせいなのか、死ぬわけでもないのに走馬灯のようなものを見た。

 いままで共に過ごしてきた友達。
 彼は成績が悪くて、少し鈍くて、ぶっきら棒で、だけど優しくて頼りがいがあって……
 彼とは色々なことを話した。もちろん将来の夢について語ったこともある。
 彼は自動車関係に、僕は研究に勤めたいと思っている。
 ――将来。
 そこには傍にケンちゃんはいない。数か月後の未来でさえいないのだ。
 このままでいいのか分からない。ただ、友人の都合にあわせた日々を繰り返していたら、ダメな気がした。
 周りに合わせてはいけない。自分のやりたいことをやるために頑張らなくてはいけないんだ――

 ここで目が覚めた。気がつくとマラソンは折り返し地点を迎えて、あとは校庭に戻るだけだった。
 ケンちゃんは僕の背中側にいた。そろそろ限界なのだろう。僕もわき腹に染みこむような痛みを感じ、そろそろ我慢できなかった。
 躊躇いはなかったわけではない。けど、僕はケンちゃんに言った。
「ごめんね、先にいってる」
 少しだけ肩が軽くなった気がした。ぐんぐんと僕とケンちゃんの差が開いていく。しばらくしてから後ろを振り向いたが、そこには友人の姿はなかった。
 結局僕は先にゴールした。疲れ果ててたから時間の感覚は無かったが、ケンちゃんが到着したのはかなり後だったはずだ。

 小学校の卒業式が終わり、家族と親戚の家をまわり、それが終わるとすぐに中学校の入学式と、ケンちゃんと会う機会があまりないまま、時が経った。
 やがて音沙汰がなくなった。近況が全く分からずに、一年、三年、五年、そして高校の卒業式が過ぎていった。
 僕は志望の大学に合格し、今のところは自分の道を突き進めている。砂利道を進むように辛くはあるけど、自分なりの努力をしていた。
 受験勉強から解放されて心に余裕ができると、ふとこんなことが頭に浮かんだ。
 彼は今、どうしているのだろうか。
 置いていってしまった旧友のことを想うと胸が痛くなる。あのまま並走していればよかったのか、それとも無理してまで僕のペースに合わせてもらったらよかったのか。それは分からない。
 ただ、あのときから僕ら二人の道は重なっていなかったのだ、ということだけは理解している。



以下、あとがき 続きを読む
  1. 2014/10/05(日) 22:35:45|
  2. Novels -小説-
  3. | コメント:0

更新停止?

というのも、

今日から二週間、
ちょっと遠いところへ行くので。

電波が届けば更新はしようかと思いますが、
もしできなかったことを考えて、
一応更新停止の記事を載せておきます。
  1. 2014/03/09(日) 08:00:19|
  2. Novels -小説-
  3. | コメント:0

掌編小説:戦車の置物

 あの時は中学三年生、受験を目前に控えた日のことだった。
 僕と友達は卒業旅行(学校のプログラムでそういう呼び名になっている)で遊園地に来ていた。田舎者の僕たちにとってはこの上ない贅沢な遊び場だ。
 遠くを見渡せられる大きな観覧車に乗ってもいい、目まぐるしく疾走するジェットコースターに乗ってもいい、ちょっとお子様な気もするけど華やかなメリーゴーランドも悪くはない。だけど、僕たちは。
「なんで遊園地に来てまでゲームすんの……」
 アーケードのゲームセンターにいた。
 そこは近所にあるゲームセンターと同じゲームが並んでいて、馴染みがあるといえば聞こえがいいが、折角の遊園地が台無しだ。
 なぜ僕たちがここにいるのか、理由はいたって簡単。
 観覧車は高所恐怖症だから。ジェットコースターは絶叫マシーンが苦手から。メリーゴーランドは子供っぽくて恥ずかしいから。
 友人各々がそれぞれ理由があるため、皆で楽しめるのはこの場所くらいだった。
「ええやん。そんなことよりこれで遊ぼうやー」
 一人の友人が指差したのは、某ロボット格闘ゲームだった。一台だけポツンと設置されている。
「これって一人用じゃん」
「細かいことはええねん。わいはこれするで」
 ここへ来た理由は何だっけ? そう思い返してしまうほどのソロプレイを彼は発揮する。
 三年間の付き合いだからこそ、ため息一つで済まされるが、もしこれが初めての旅行ならこの友人とは縁がなかっただろう。
 一人が格闘ゲームに夢中になっている間、僕たちは彼の傍観をしていた。

 観戦も飽きて、ふと見ると、奥に射的ゲームがあった。大分古びていて、誰も寄りつこうとさえしないそのゲーム機に僕は興味をそそられた。
 景品とベルトはティッシュで繋げられていて、ベルトが動くことで右から左へ移動している。いかにも昔のゲームといった雰囲気を漂わせていた。
 それでも尚僕がそのゲーム機に魅かれたかというと、景品に戦車の置物があったからだ。当時戦車が好きだった僕にとって欲しいものだった。
 さっそく百円を入れて、銃を構える。ティッシュの部分を弾で破く。という簡単なことなのだが、ティッシュは何枚折にもされていて、そう簡単に破れなかった。
 百円、また百円と、次々にお金を投入するが、当たらなかったり、しぶとくぶら下がっていたりと、なかなかゲットできずにいた。
 おまけに、友達が途中から参戦して、いわゆる『横取り』を企てた。
 その時から、焦りとともに、闘争心のような、そして自分の手でこの景品を手に入れなければいけないんだという気持ちが湧き上がってきた。景品を繋ぐティッシュは、もう糸のように細かった。ここまで行けたならいくらお金をかけてでも手に入れたいものだけど、生憎手持ちのお金はあまり残っていなかった。残りの一発にかけるしか僕には手だてがない。
 友達がからかい半分に景品を狙っていることを無視して、集中して狙った。標準を合わせて、ベルトによる動きも計算しておく。
 そして、ぶれないように引き金を、引いた。

 一瞬何があったのか分からなかった。
 ただ、『ガコン』という音がゲーム機から響いた。
 足元を見るとそこには、さっきまで狙っていたものがあった。
 戦車の置物だ。
「やったやん。これも僕たちのおかげやな」
「何でだよ。あんたたち横取りしようとしてただけやん」
「そうすることによって闘争心に火を点けさせようとしたんよ」
 意味も分からない、他愛のない会話をしながら、僕たちはほくそ笑んだ。もしかしたら実際には微笑んでたのかもしれない。
 僕は景品を手に取った。ずっしりと大きな重みが手に伝わる。
「さて、もう集合時間やし、帰りますか」
「そやな。あーあ、帰ったら受験勉強かー」
「それ、禁句―」

 あれから、数か月後、僕たちは高校受験を受けた。友達は全員、第一志望を合格した。
 僕は落ちた。全然悔しくなかったと言うと、全くの嘘になる。
 だけど、これでよかったのだと、高校三年間を過ごして思った。
 僕の第一志望は県外の進学校だった。おそらくそちらの方が受かっていたならば、もう二度とその友人たちとは会うこともなかっただろう。
 滑り止めの県内の高校に入学したおかげで、いつまでも友人たちの近くにいた、気軽に遊ぶことができ、好きな時に会うこともできた。
 共にカラオケに行った。共に食事をした。偶には悪ふざけもした。楽しい日々だった。
 だけど、この友人たちとはもうすぐお別れ。今度こそ第一志望の大学を受かることができ、僕は一人、遠い地へ旅立ってしまう。
 これからどうなることか。僕にも分からない。
 ただ、これからも彼らとの連絡は絶やさないでおこうと思う。

 棚に飾っていた戦車の置物は、大分ほこりを被っていた。手に取ると、ずっしりと重みが伝わる。
 置いていたところだけほこりがなく、くっきりと跡が残っていた。
 僕は戦車についたほこりを手で払うと、引っ越し用の段ボールの中にそっと入れた。




以下、あとがき 続きを読む
  1. 2014/02/25(火) 10:11:09|
  2. Novels -小説-
  3. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

矢口鳥居

Author:矢口鳥居
愉快な、
不快な、
爽快な、
痛快な、
欣快な……
そんなお話がここにあります。
多分。

最新記事

カテゴリ

Novels -小説- (23)
┣紅いバラ (8)
┣超能力、売ります、買います。 (6)
Photos -写真- (12)
Movies -映画- (2)
Diary -日記- (25)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
現在の閲覧者数: